お祭りでも

おじいさん、おばあさん世代が多い場合は、見やすい字で書いてあり、なおかつ大きくてわかりやすいものであれば、めあてのところへ行くことができますし、良いのではないかと思います。

のぼりのバリエーション

お祭りでも

のぼりといえば、飲食店などの店先に置かれているといったイメージがあるのではないかと思います。

また、神社などにたくさんのぼりがある光景を思い出されるのではないかと思います。

しかしながら、のぼりの用途というのはたくさんあります。

ですから、そればかりではないのです。

地域のお祭りなどでも、のぼりを見かけたことがあるという方、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。

バザーなどでも案内するためにみやすくする道具として、のぼりが使われている可能性があります。

特に、おじいさん、おばあさん世代が多い場合は、見やすい字で書いてあり、なおかつ大きくてわかりやすいものであれば、めあてのところへ行くことができますし、良いのではないかと思います。

看板とか、ポスターではなくて、のぼりであることによって、目に付くということ、大事なことなのではないかと思います。

おじいさん、おばあさん世代としては、のぼりという、昔からあるものはなじみがあって良いと思います。

なんだか見たら和む、そんな風に思ってもらえるものなのではないかと思います。

お祭りの中をいろどるアイテムのひとつとして、のぼりがあるのは良いのではないかと思います。

< 関連サイト・リンク >
第27回全日本DM大賞

Copyright (C) www.dardanelmedya.com. All Rights Reserved.

のぼりのバリエーション